キャバクラの面接で聞かれる事で重要なのは経験者は「お客さんを何人呼べるか」で未経験者は「志望動機」

キャバクラやガールズバーなどの面接では最初にお店が用意したアンケート用紙のような物に指名、電話番号、住所、今までのアルバイト経験、志望動機などを書きます。

履歴書を持参する必要が無いのはこのためです。

記入したアンケート用紙を面接官が見ながらいろいろ質問されたりするのですが、その中で重要なのは経験者で「お客さんを何人呼べるか」、未経験者で「志望動機」になります。

 
容姿が良いことがキャバ嬢にとって一番重要と思っている人がいるかもしれませんが、それはお客さんを掴むための武器でしかなくて、ブスでもお客さんを持っていることの方が重要なのです。
(お客さんの掴み方が枕やり放題とか、店内でのセクハラOKみたいな場の雰囲気を壊す下品なやり方ではダメですが)

美人かどうかよりも、呼べるお客さんの人数でスタートの時給は決まります。

逆に美人なのにお客さんが呼べない子はヤル気が無い、会話能力が無いと判断されるので、ヘルプ要員にしかならず、低時給になります。
 

スポンサーリンク

 

志望動機について

キャバクラで働く志望動機なんて「たくさんお金が欲しいから」以外に無いと思うのですが、これをそのまま言うのは良くありません。

「たくさんお金が欲しい」を言う女の子の中には「キャバクラで働けば誰でも簡単にお金が稼げる」と勘違いしている子が多く、こういう子はお客さんからの人気はまったく無いので、採用を見合わせられてしまうことが多いのです。

 
ではどうすれば良いかと言うと、お金が必要な理由をきちんと述べて、やる気があるところを見せれば良いのです。
 

・学費を稼ぎたい
・奨学金(借金)の返済をしたい
・家族が入院したので治療費が必要
・資格を取る費用を貯めたい
・シングルマザーで生活費が必要

 
これらがお金が必要な理由として無難です。

面接官に建前で言っているのをバレてしまわないかと思うかもしれませんが、面接で建前をきちんと言うこと、建前をきちんと言える人であるおとが重要なので、気にすることはありません。

 
面接の後に体入をすることになるのですが、採用が決まったから体入をさせてもらっている訳ではありません。

男性客に対して愛想よく接しているか、会話を頑張って盛り上げようとしているのかなどの態度を見られていて、体入後に本入店を断れてしまうこともあります。

逆に女の子も客層や他の女の子の雰囲気を見て、働きにくそうだと思ったら本入店を断ることもできます。

面接はお店が女の子を審査する場所なだけではなく、女の子がお店を審査する場所でもあります。

 

風俗の場合

風俗の場合は「お金がたくさん欲しいから」で志望動機は大丈夫です。

意識よりも容姿や年齢の方が重要視されますし、時給が発生しないので出勤嬢が増えるのはお店にとってデメリットはありません。
(高級ソープなどになると講習の時の態度で不採用になるというか、出勤を認められない場合もあります)

ただし「風俗で働けば誰でも簡単に稼げる」と考えているのが透けて見えている人にはフリー客は回って来づらくなります。

アンケートの結果やリピート率が良ければそれは変わっていきますが、最初は損をしてしまいますし、クソ客を着けられやすいので、やはり建前は大切になります。

 

友達同士はダメ

求人を見てると「友達同士の募集OK」と書いているお店もあるので、ひとりで面接に行くのは不安だから、できれば友達と一緒に行きたいと思っている人も多いでしょう。

しかしこれにはデメリットしか無いので止めて下さい。

 

採用されにくい

「普段だから友達と来た」と言う女の子と「勇気を出してひとりで来た」と言う女の子がいたら、どちらか真剣に働こうとしていると思いますか?

どう考えても後者ですよね。

前者みたいな女の子はちょっと辛いことがあるとすぐ辞めてしまう可能性があるので、仕事を教えるだけ無駄、指名を取らせるためにフリー客をつけるだけ無駄になるので、採用基準は高くなります。

友達同士で応募した女の子はシフトも一緒にしたがる場合も多いので、使い勝手が悪い可能性があるとお店は推測したりもします。

 
そもそも「友達同士の募集OK」なんて書くお店は女の子が足りていないお店で、どうしてそうなるかと言うと、待遇が悪いのか、雰囲気が悪いのかのどちらかです。

特に後者が多く、セクハラ客が来ても女の子を守らない、アフターにどんどん行かされるなど、女の子を使い捨て感覚で雇っているお店が友達同士で来てもどんどん採用しているのです。

 

友達関係が終わる

友達同士で一緒に働いた時、高確率で給料の差でトラブルになります。

最初は時給が一緒で、指名客もいないから似たような稼ぎになりますが、2~3ヶ月後には差もついて来るでしょう。

普通のバイトと違って指名ランキングなどが店内に張り出されますから、どれくらい稼いでいるか内緒にしていても推測されてしまいます。

 
給料に差がついた時に面倒なのは愚痴嫉妬です。

「私は○○ちゃんみたいに可愛くないからな~」「○○ちゃんは稼いでいていいよね~」とか会うたびに言われたら気が滅入りませんか?

お店で同僚に言われるだけならまだしも、友達ならば学校などのプライベートな場所で会った時にも言われてしまいます。

 
そして一番怖いのが、嫉妬から別の友達に「○○ちゃんは枕営業とかしてるから凄い稼いでる」などの嘘の陰口を言われたりしてしまうことです。

実生活に影響が出てしまうのが一番良く無いことなので、夜の世界には実生活を持ち込まないのが鉄則です。

 

ネットの友達

最近twitterなどのSNS経由で知り合った人と一緒に面接に行く約束をする女の子が増えていますが、これは物凄い危険なのでやめましょう。

 


体入で稼ごう!

キャバクラに体入するだけでめちゃくちゃ稼げる裏ワザを発見しました!

それはQプリという求人サイトを経由して面接に行く事です。

サイトにアクセスしてもらえばわかると思いますが、なんとQプリでお店を探して体入に行くと、体入時給の他に10,000円体験入店祝い金が貰えてしまいます。

時給3,000円で3時間体入しただけで19,000円の稼ぎになるなんて凄すぎませんか?


⇒Qプリにアクセスして体験入店祝い金のシステムを確認する


コロナ禍で体入できるお店が減っているのにこのシステムは本当に神だと思います。

ぜひ試してみて下さい!

-お店
-