生理中にキャバクラに出勤する時に気をつけなければいけないこと

生理中はイライラしやすいですし、肌荒れや浮腫みも気になりますし、動けなくなるくらいの痛みが出てしまう人もいるでしょう。

気にしなければいけない事が多いので、生理中の出勤はしたくないと思うかもしれませんが、生理だからといって休めるお店は少ないです。

「カレンダー通りにしっかり来るから事前に出勤しない事にしておけば大丈夫」なんて考える人もいるかもしれませんが、年末の忙しい時期、クリスマスやバレンタインのイベント時などは出勤が義務化される場合がありますので、そのタイミングで生理が来てしまったら、事前に休もうと思っても無理です。

生理中にキャバクラ店に出勤する時に気を付ける事には何があるのでしょうか?

生理中に気を付ける事

タンポンを使用する

タンポンを使うのは2つの意味があって、ひとつは大きめのナプキンを使ってしまうと、ドレスだと目立ってしまう可能性がある事で、もうひとつは漏れてしまう可能性をギリギリまで下げるためです。

女の子の多くはタンポン+薄いナプキンの併用で対策していて、ナプキンをこまめに交換する様にしていて、タンポンが苦手、量が多いからタンポンを使っても薄めのナプキンでは不安と言う女の子は、ベージュのガードルや弾性(着圧)ストッキングでナプキンを使っても目立たない様に工夫しています。

中には生理中でもTバック用のナプキンを使って、下着のラインが出ない様に頑張っている人もいますが、すべての女の子がそこまでリスクを取る必要は無いと思います。

色の濃いドレスを着る

タンポンやナプキンでどんなに対策を取っても漏れてしまう事はありますから、もしもの時の為に濃い色のドレスを着るべきで、白などの目立つ色は避けて下さい。

黒いドレスはお店によっては着てはいけないルールがあったりするので、黒だけではなく他の濃い色のドレスも用意しておきましょう。

下着やナプキンのラインが出てしまう可能性のあるタイトなドレスも避け、ふわっとしたデザインの物を着るようにしましょう。

アルコールを飲まない

生理中は身体の機能が低下しいているので、アルコール成分を分解する能力も普段より悪く、お酒に酔い易いので、いつもと同じペースで飲んではいけません。

さらにアルコールは血流を活性化させてしまうので、経血の量も増える事になり漏れのリスクが高くなります。

生理中はアルコールの摂取をできるだけ避ける様にしましょう。

生理痛が酷い場合

生理痛が酷くて仕方が無い場合は病院へ診察に行きましょう。

特に原因が無く、体質的に厳しいのであれば、生理中でも薄着で飲酒をしなければいけないキャバ嬢と言う仕事から転職する事をおススメします。

同じ様に短時間で大金を稼げる仕事はなかなかありませんが、一番大切なのは自分の身体という事を忘れないで下さい。

キャバクラで稼ぎたい女の子へ

スカウトマンに「体入だけで稼げる」と言われて面接に行ったのに、お店から言われた体入時給はたったの2,000円・・・、しかも勤務時間はたったの3時間・・・。

これじゃ全然稼げないですよね?、

面接に行く前に体入時給や勤務時間がわかればいくら持って帰るかがわかって便利なのですが、そんなことを教えてくれるスカウトマンはなかなかいません。

そこで私がおすすめするのは、ガールズバイトと言うキャバクラとガールズバー専門の求人サイトです。

体入時給、勤務時間、日払いかどうかなどがしっかりと明記されているので、面接に行く前に体入でいくら稼げるのかわかります。

・ガールズバイト
https://girlsbaito.jp/

ガールズバイトは元々yahoo!が運営していたので、安全性も他の求人サイトに比べればずっと高いと思いますので、その部分でもおススメです。

給料に満足してますか?

キャバクラで稼げる給料だけでは満足できないと言う人はセクキャバオナクラもバイト先候補に入れてみてはどうでしょうか?

求人サイトを見てもらえればわかるのですが、時給5000円以上貰えるようなお店もたくさんあります。

>>セクキャバとオナクラの求人情報を見てみる

男性客に手コキするのは大丈夫だけどキスはしたくないと言う人はオナクラ、キスは大丈夫だけどチンコは触りたくないと言う人はセクキャバを選びましょう。

メルレしませんか?

メールレディと言うのは男性とメールをするだけでお金が貰えるアルバイトです。

キャバ嬢みたいなことをスマホでやると考えて下さい。

>>メールレディの仕事内容を詳しく見てみる

時給はキャバクラで働くのに比べれば少なくなってしまいますが、自分に都合の良い暇な時間にできるので、効率はかなり良い仕事だと思います。

-ドレス