セクキャバの体入時給相場は5000円です

2018/04/19

セクシーキャバクラ、略してセクキャバ。昔はおっぱいパブなんて呼ばれてました。
お客さんからのお触りがあるキャバクラと考えると失敗してしまうかもしれません。

仕事内容

セクキャバはお店によってお客さんへ行うサービス内容が多少異なります。
どんなサービスをしなければいけないか紹介します。

★胸はトップレス
おっぱいパブとも呼ばれるだけあって胸を触られるのは当然です。
店内でトップレスになりお客さんに舐められたりもします。
これはどのお店でも基本サービスになっています。

★ディープキス
お客さんとキスをするのも必須です。
特にディープキスは精神的に負担がかかるでしょう。

★下半身へのタッチ
下半身、アソコへのお触りはお店によってあったりなかったりで、あるお店をハードキャバクラと呼んで差別化もしています。
基本的にはお触り無しのお店がほとんどです。

お客さんが女の子にお触りできるのはダウンタイム(1セットの間に10分程度)だけというお店もありますが、最近では常時お触りがあるお店がほとんどです。
常時お触りがあるのをセクキャバ、ダウンタイム制のお店をおっパブと区別している場合もある様です。

体入でいくら稼げる?

セクキャバへの体入ではキャバクラやガールズバーに体入するよりも多くの金額を稼ぐ事はできます。
平均的なレベルのお店に体入した時の時給相場は以下の様になっています。

ガールズバー…1500円~2500円
キャバクラ…2500円~3500円
セクキャバ…5000円

キャバクラの場合、高級店と言われるお店に体入すれば5000円~10000円くらい時給がもらえる事もありますが、誰でも働けるわけではありません。
セクキャバの場合は誰でも働けるお店の時給相場が5000円なのです。

>>セクキャバの体入時給を実際にミミロケで確かめてみて下さい(クリック)

実際に募集しているお店は時給5000円以上のお店がほとんどだったと思います。
逆に5000円以下のお店では働かない方が良いでしょう。

セクキャバで働くメリット

キャバクラではなくセクキャバで働くメリットには以下の様な事があります。

・誰でも高時給
・会話や営業を頑張らなくても良い
・体入以外でも全額日払い

これとお客さんからお触りされるを天秤にかけてどっちが良いかを考えたら良いと思います。
時給が安くなってもキスなんか絶対したくないと考える人も多いと思いますし。

お触りは絶対イヤ!という人はキャバクラで働いた方が良いと思います。

セクキャバに来るお客さんにはいろいろな人がいますからね。
お客さんはあなたの男友達の様な人ばかりでなく、キモいブサイクな人、70歳を超えるおじいさん、普段女の子と会話もできないような人…
たまにですが本当にビックリするような人が来ます。

お金が必要でもキャバクラまでにしておいた方が良いと思いますよ。
キャバクラが不採用になったり、実際に働いたけど思う様に稼げなかった場合だけにしていいたほうが良いかもです。


体入で稼ごう!

キャバクラに体入するだけでめちゃくちゃ稼げる裏ワザを発見しました!

それはQプリという求人サイトを経由して面接に行く事です。

サイトにアクセスしてもらえばわかると思いますが、なんとQプリでお店を探して体入に行くと、体入時給の他に10,000円体験入店祝い金が貰えてしまいます。

時給3,000円で3時間体入しただけで19,000円の稼ぎになるなんて凄すぎませんか?


⇒Qプリにアクセスして体験入店祝い金のシステムを確認する


コロナ禍で体入できるお店が減っているのにこのシステムは本当に神だと思います。

ぜひ試してみて下さい!

-業種