キャバクラ嬢はアフターに行く必要はありません!クラブで働くお姉さんとは違います!!

2018/05/24

キャバクラで働いていると、お客さんから「お店が閉店した後に飲みに行かない?」アフターに誘われることもあると思いますが、わざわざ行く必要はありません。

タクシー代と言う名目でもらえるお小遣いが欲しい女の子は別ですが、同伴と違ってアフターではお客さんは酔っぱらってますし、下心全開で接してきますので、リスクが大きすぎます。

※注意
タクシー代の相場は1万円くらいで、時間が長くなるなら、その時間お店で飲んだ場合に掛かる金額を渡すのが普通ですが、お客さんの中にはアフターの暗黙のマナーを理解していない人も多く、タクシー代を1円ももらえない場合もあります。

アフターは仕事なのか?

お店の外でお客さんと会うことから、同伴もアフターも同じようなものと考えている女の子もいるかもしれませんが、同伴は同伴料金が発生しているのに対し、アフターは無料なので、仕事ではなくボランティアになります。

また、同伴はノルマがあるお店がほとんどですが、アフターに関してはノルマがあるお店はほぼありません。
(お店にとって大事な太い客に誘われた場合に強制と言いますか、強くお願いされることはありますが)

クラブは別

キャバクラでは無くクラブで働いている場合、特に銀座や北新地などの高級クラブでしたら、ママに言われればアフターは強制です。

クラブの時給がキャバクラに比べて高いのはアフターの分も含まれているからとも言われています。

また、クラブは閉店時間も早いので、アフターに行きやすいと言うのもあります。

アフターには絶対に行きたくないのであれば、クラブでは働かない方が良いでしょう。

アフターのメリット

ボランティアなのにアフターをしている女の子がいる理由は、指名客を繋ぎ止めるためです。

指名が切られそうになった時に、女の子からお客さんをアフターに誘って特別感を演出したり、ご機嫌を取ったりするのです。

逆に言えば、誘う必要が無いお客さんから誘われたとしても行く必要は無いのです。

そこまで煮詰まっていないのにアフターに誘って来るお客さんはただのヤリモクなので、適当に理由をつけて断りましょう。

それで指名が切れてしまうかもしれませんが、そういうお客さんは「この子はヤレなそうだな」と判断したら別の子のところにすぐに行ってしまうので、無理して繋ぎ止める必要はありません。

また、太客相手でも行き過ぎると新鮮味が無くなってしまい飽きられてしまうので、ここぞと言う場面で理由をつけて行くようにして下さい。

お金を使わせる

「お店終わったらご飯行こう!だから最後まで待ってて。」なんてお客さんに提案し、延長を何度もしてもらうのにアフターを使うこともできます。

売上が必要な時に使えるテクニックだと思います。

給料が売上制のお店が多いクラブでアフターが多いのもこれが理由だったりします。

どんな所へ行くのか?

アフターで行くのは居酒屋、お寿司屋、焼肉などの同伴で行く所と似たような飲食店か、サパーやゲイバーと言ったキャストが楽しませてくれるようなお店になります。

後者の方がお客さんと喋る時間が時間が減るので楽ですが、いつもそこだとお客さんに不満を持たれてしまう可能性が高いので、例えキックバックをもらっているとしても行き過ぎないようにしましょう。

カラオケは個室になりますので、女の子が複数の時以外は避けるようにして下さい。

アフターの断り方

「明日の朝早いんです」「アフターはしないことにしてるんです」「そういうのはもっと仲良くなってからにしましょう」「アフターの前に同伴しましょうよ♪」など、断り方はあまり工夫する必要はありません。

上でも書きましたが、アフターは女の子から誘うもので、誘って来るのは短期でヤレるかどうかを見極めたいと思っているどうでも良いお客さんが大半です。

しつこく誘われた場合は「友達と一緒でも良い?」と聞いてみましょう。

大抵の場合「2人きりがいい」と言われるでしょうが、「同伴をしてない人(数回しかしたこと無い人)と2人でアフターに行くのは怖くて」と言えば、あきらめてくれると思います。

指名が切れてしまう可能性は高いですが、アフターに強引に誘って来る人はヤラなければ切れますし、ヤッテも切れてしまいますので、相手にしないのが一番です。

何回も同伴していて、危ないなと思う人でしたら、「今度また同伴しましょうよ~」で話題を頑張って変えましょう。

枕している女の子はいるの?

お客さんがアフターに期待しているのはラブホテルに行ってのです。

クラブに通っている遊び慣れている人でしたらそんなことは無いのですが、キャバクラに来る若い人の場合、枕を最終目標として来ている場合が本当に多いです。

ただしそれは、「枕営業しているキャバ嬢は本当にいるのか?」でも書いたのですが、簡単にやらせてしまう女の子が少数ながら存在しているのが原因で、お客さんは一度やれたらまたやれると思いますし、そんな話を友達から聞いたら「自分もやれるのでは?」と思うのが当然です。

お客さんから「みんなやってるから」なんて言われても、本気にしてはいけません。

キャバクラで稼ぎたい女の子へ

スカウトマンに「体入だけで稼げる」と言われて面接に行ったのに、お店から言われた体入時給はたったの2,000円・・・、しかも勤務時間はたったの3時間・・・。

これじゃ全然稼げないですよね?、

面接に行く前に体入時給や勤務時間がわかればいくら持って帰るかがわかって便利なのですが、そんなことを教えてくれるスカウトマンはなかなかいません。

そこで私がおすすめするのは、ガールズバイトと言うキャバクラとガールズバー専門の求人サイトです。

体入時給、勤務時間、日払いかどうかなどがしっかりと明記されているので、面接に行く前に体入でいくら稼げるのかわかります。

・ガールズバイト
https://girlsbaito.jp/

ガールズバイトは元々yahoo!が運営していたので、安全性も他の求人サイトに比べればずっと高いと思いますので、その部分でもおススメです。

給料に満足してますか?

キャバクラで稼げる給料だけでは満足できないと言う人はセクキャバオナクラもバイト先候補に入れてみてはどうでしょうか?

求人サイトを見てもらえればわかるのですが、時給5000円以上貰えるようなお店もたくさんあります。

>>セクキャバとオナクラの求人情報を見てみる

男性客に手コキするのは大丈夫だけどキスはしたくないと言う人はオナクラ、キスは大丈夫だけどチンコは触りたくないと言う人はセクキャバを選びましょう。

メルレしませんか?

メールレディと言うのは男性とメールをするだけでお金が貰えるアルバイトです。

キャバ嬢みたいなことをスマホでやると考えて下さい。

>>メールレディの仕事内容を詳しく見てみる

時給はキャバクラで働くのに比べれば少なくなってしまいますが、自分に都合の良い暇な時間にできるので、効率はかなり良い仕事だと思います。

-客関係