派遣キャバクラ嬢として働いていた時に体験した嫌な事や辛い事

指名を取らなくて良い、営業しなくて良い、同伴しなくて良い、アフターしなくて良いなど、派遣キャバクラ嬢は在籍嬢に比べると気楽なお仕事ですが、嫌な事や辛い事も多々あります。
働き方に関わらずキャバクラで働いていれば嫌な事や辛い事があるのは当たり前ではあるのですが、派遣嬢には派遣嬢だからこそ遭遇してしまう特別な嫌な事や辛い事があるのです。

嫌な事や辛い事

お酒を飲まされる

ボトルを多く入れている席に回され、それを消化する為にたくさんお酒を飲まなければいけない場合があります。
お酒が弱い、飲めない女の子だと本当に辛いです。
在籍嬢の場合だとボーイがお酒が飲めないという事を理解していますし、辞められたら困るのでそういう席に着けることはありませんが、派遣嬢についてはボーイはお酒が飲めない事を理解していないですし、そう伝えていても派遣嬢を守る必要も無いので着かせたりします。
ボーイに頼る事が出来ないのはキャバ嬢の仕事を遂行する上でとても大変です。

お触り客

お触りをするのが目的でキャバクラに来る酷いお客さんもいます。
良いお店であれば出禁にしたりするのですが、売上が足りていないお店にとってはこんなお客さんでも貴重です。
しかし在籍嬢を着けて辞められてしまっても困るので、派遣嬢を着けてその場をしのぐのです。
酷いお客さん対策といて派遣嬢を常に1人は呼んでいるというお店もあったりします。

休憩なし

指名を入れない、ドリンク出さないと言ったお金を使わないお客さんには待機している在籍嬢がいるとしても派遣嬢を着け続けるお店があります。
リピートが望めない泥酔団体客に対し1人で時間稼ぎしなければいけない時など本当に辛いと思います。
しかしお店の経営方針としては間違っていないので、こういう体験は繰り替えされると思います。

盗難に遭いやすい

控室に置いておいた荷物を盗まれるなんて事もあります。
派遣嬢の物を盗っても2度と会う事は無いから罪悪感は無い、バレない、気まずくなる事も無いと思っている女の子がいるのです。
普通のバイトと違って夜の世界には手癖の悪い人がたくさんいるので、私物の管理には注意しないといけません。
※派遣嬢にも1回きりしか行かないお店だからと在籍嬢の私物を盗む女の子いるのですが・・・。

すべてが後回し

ヘアメイクや送りなどは在籍嬢が優先され派遣嬢は後回しにされます。
時間がギリギリになればヘアメイクは雑になりますし、送りは何時間も待たされて最後になれば始発電車で帰った方が早いという状況になってしまったり。
酷いお店になれば求人にはヘアメイクや送りアリと書いてありながら派遣嬢には無かったりする場合もあったりします。

待遇が悪いのは仕方ない

時給もそうですが、派遣で働く女の子の待遇が悪いのは仕方ないです。
平等に扱えば営業を頑張ってお客さんを呼んでいる在籍嬢が不満に思ってしまいますからね。
派遣嬢がお店を都合良く働ける場所と考えるのと同様に、お店も派遣嬢を都合よく使える女の子と考えているのです。
ある意味では持ちつもたれつの関係ですので、これは変わって行く事は無いでしょう。


体入で稼ごう!

キャバクラに体入するだけでめちゃくちゃ稼げる裏ワザを発見しました!

それはQプリという求人サイトを経由して面接に行く事です。

サイトにアクセスしてもらえばわかると思いますが、なんとQプリでお店を探して体入に行くと、体入時給の他に10,000円体験入店祝い金が貰えてしまいます。

時給3,000円で3時間体入しただけで19,000円の稼ぎになるなんて凄すぎませんか?


⇒Qプリにアクセスして体験入店祝い金のシステムを確認する


コロナ禍で体入できるお店が減っているのにこのシステムは本当に神だと思います。

ぜひ試してみて下さい!

-派遣