新人キャバ嬢は「会話のさしすせそ」を意識してお客さんを接客するようにしましょう!

キャバ嬢の会話術と言いますか、男性に好まれる女の子のトークとして、「会話のさしすせそ」があります。

新人のキャバ嬢や、お客さんとの会話が中々盛り上がらないと悩んでいる女の子はまずこれを意識してみましょう。

「小手先のテクニックが通用するはず無い」と思うかもしれませんが、男性はみんなが思っている以上に単純なので、効果はバツグンです。
 

スポンサーリンク

 

「さしすせそ」とは?

「さしすせそ」と言うのは、男性が女性に言われて喜ぶ言葉の頭文字を並べたもので、細かい定義は決まっていません。

多くのキャバ嬢マニュアルで、「さ」は「さすが」、「し」は「知らなかった~」、「す」は「すごーい!」、「そ」は「そうなんだー!」となる場合が多いですが、「せ」だけはいろいろなパターンがあり、「センスありますね!」「せっかくなので」「世界が違いますね!」となっています。
(「せっかくなので」はキャバ嬢よりも、合コンでのモテテクニックの要素が強いかもしれません)

 
「さしすせそ」はお客さんが自分語りや自慢話をした時に最適な相槌なだけなので、そこまで話を持っていくにはどうしたら良いかと思うかもしれませんが、笑顔でニコニコ接客さえしておけば難しくは無いと思います。

仕事の話、休日の過ごし方、趣味のことなどを聞きながら、相手が乗って来た時に質問を掘り下げれば、「さしすせそ」を言うタイミングはたくさんあります。

 

反対の事をするな!

「さしすせそ」が接客テクニックとして効果的と言うよりも、その逆の行為をするのが良く無いので、それを改善するためのテクニックと言う側面もあります。

・面白い話をしようとする
・意味あることを言おうとする
・知識のあるところ見せようとする

お客さんと会話をする時に意識することは、いかに気持ちよく自分語りや自慢話をしてもらえるかなのに、自分がしゃべりすぎてしまう女の子が多いです。

お客さんが話すことを知っていても「初めて聞いた!そんなことあるんですね!」と言ったりして知らないフリをしないといけませんし、間違ってことを言っていても訂正したりしてはいけません。

キャバ嬢のスキルアップというのは、話題を増やすことではなく、男の自尊心を満たす手段を増やすことになります。

 

やりすぎは注意

簡単すぎる話題に対して「知らなかったー!」「すごーい!」を連発してしまうと、ただの馬鹿と思われてしまい、(自分の話がつまらないのを棚に上げておいて)この子と話してもつまらないと指名をされることはありません。

お客さんが何に一番自信があるのか、何を一番褒めて欲しいのかを考えながら話を聞くようにしましょう。

客層の良い高級店やクラブ、姉キャバや熟女キャバと言った女の子の年齢の高いお店ほどこういうスキルが重要になってきます。


体入で稼ごう!

キャバクラに体入するだけでめちゃくちゃ稼げる裏ワザを発見しました!

それはQプリという求人サイトを経由して面接に行く事です。

サイトにアクセスしてもらえばわかると思いますが、なんとQプリでお店を探して体入に行くと、体入時給の他に10,000円体験入店祝い金が貰えてしまいます。

時給3,000円で3時間体入しただけで19,000円の稼ぎになるなんて凄すぎませんか?


⇒Qプリにアクセスして体験入店祝い金のシステムを確認する


コロナ禍で体入できるお店が減っているのにこのシステムは本当に神だと思います。

ぜひ試してみて下さい!

-接客
-