セクキャバで一番きついのはお客さんとキスすることで、これをせずに働くことはできない

セクキャバはおっぱぶとも呼ばれているので、胸を揉まれたり吸われたりするのがメインのサービスなると思われがちですが、実はお客さんが女の子に1番求めてるのはキスで、胸はおまけ程度でしかありません。

男性は女の子が思ってる以上にキスが好きな生き物で、本番行為がメインのソープランドでもお客様アンケートに「女の子は積極的にキスしてくれましたか?」と言う項目があるくらいです。

しかし、キスは彼氏とだけってヤリマンビッチもいるくらいに女の子にとって大切なもので、お客さんとするのを苦痛と感じていると言うか、これが耐えられなくてセクキャバを辞めていく子がたくさんいます。

セクキャバで働く時はお客さんと気持ち悪いキスをする覚悟をしなければいけません。
 

スポンサーリンク

 

嫌な理由

好きでもない人とキスをするだけで苦痛なのに、セクキャバに来るお客さんはその苦痛を何倍にするような気持ち悪い人が多いです。

 

オジサンが多い

どんな男性とならキスできると言いますか、恋愛対象として見れるか考えたときに、想像するのは同世代からちょっと上くらいの年齢の男性になると思います。

しかし、セクキャバに来るのは30代から40代のオジサン、お父さんと同じかそれより老けた人も多く、キスをするなんて想像もいていなかった人たちが中心になり、そんな人たちを相手にする訳ですから気持ち悪いと感じない女の子はいないでしょう。

しかも男性は加齢とともに口臭や体臭がきつくなる傾向があるので、想像している以上の気持ち悪さがあるでしょう。

 

キスが激しい

彼氏とのキスはチュッと軽くするだけのフレンチキスやちょっと舌を入れたりするくらいだと思いますが、セクキャバのキスはベロチューと呼ばれている激しいディープキスがメインになります。

オジサンと舌を絡ませ合うのを想像してみて下さい?吐きたくなりませんか?

 

キス慣れしていない

キスする前から舌を出して待ち構えていたり、「舌を出して」と要求してきてそれを吸ったり、口の周りを広範囲にわたって舐めたり、唾を流し込んで来ようとしたり・・・。

嫌がらせでこういうことをする酷いお客さんもいますが、どうキスをしたら良いかわかっていない人の方が多く、AVで見る様な気持ちの悪い行為をしてしまうのです。

しかも指名を取るためにお世辞で「キス上手ですね」と言うセクキャバ嬢もいますので、勘違いが直るどころか悪化していたりもします。

 

2次会利用

セクキャバに来るお客さんで1番多いのは2次会利用のサラリーマンです。

つまり食事を済ませてから来ることになるのですが、歯磨きやうがいをしている確率は低いですし、焼肉などの臭いの強い物を食べて来ている可能性があります。

キャッチに捕まって勢いで来ている場合がほとんどなので、彼らにマナーを求めても意味がありません。

 

不潔な人も来る

セクキャバには人生で1回も歯を磨いたことが無いような不潔な人、虫歯だらけだったり、歯ぐきから血が大量に出ていたりする人も来ることがあります。

そんな人は稀ですが、たった1度でも接客することになればトラウマとして残ってしまうでしょう。

 

口臭がきつい人の対策法

「口内炎が出来てて痛いからキスしたくない」とか「虫歯の治療中だからダメ」とか言い訳をいろいろ考える女の子はいますが、口臭がきついからとキスを拒否すれば必ずクレームに繋がり、お店から干されてしまうことになるので、セクキャバで働く以上は我慢するしかありません。

キスをしなくても働けるセクキャバやいちゃキャバなどありませんので、無理な人はキャバクラやガールズバーで働きましょう。

みんなキスが好きだから働いているのではなく、キスを我慢すれば色恋営業をしなくても高時給がもらえるから働いているのです。

 

不潔な人を避ける方法はある

極稀に来る不潔な人を避けれれば精神的な負担は軽くなると思いますのでその方法を紹介します。

それは普段接客を頑張ることです。

指名客を掴んで売上に貢献している女の子が不潔な客に着いて辞められてしまったら困るので、ボーイさんはそういう客には人気の無い女の子を回します。

セクキャバだけではなく、キャバクラやガールズバーでもそうなのですが、お客さんから人気が無いのにクビにならない女の子が必ずいますが、そういう子はクソ客に着ける為の重要な戦力なのです。

 
仮にクソ客に着いてしまって、キスをするのを拒んでクレームが来たとしても、普段の評価が高ければ干されたりすることは無く、逆に「変な人に着けちゃってゴメンね」とボーイに謝られることになります。

いざと言う時のために普段からサボらないようにするのが自分を守る1番の方法だったりします。

 

風俗の方が良い場合も・・・

「どうしてもキスをしたくない、でも色恋営業が苦手だからキャバクラでは大して稼げない・・・」と言う人は風俗で働くことも視野に入れましょう。

風俗と言ってもヘルスやデリヘルやソープと言った裸になって性行為をするお店ではなく、オナクラメンズエステと言ったソフトサービスのお店で、男性客の性器を手で触ることなりますが、キスはしなくて良いですし、もちろん自分の性器を触られる事などありません。

キスやフェラや本番などの粘膜の接触が無いので性病リスクが無いのも働くメリットになります。

 

時給は下がる

風俗店は完全歩合制になるので、時給換算した時にセクキャバよりも低くなってしまう可能性が高くなりますが、昼から営業してるお店がほとんどなので、フルタイムで働けるなら1日の稼ぎはあまり変わらないでしょう。

逆に夜の数時間だけでそこそこ稼ぎたい副業の目的の女の子には向きません。

 


体入で稼ごう!

キャバクラに体入するだけでめちゃくちゃ稼げる裏ワザを発見しました!

それはQプリという求人サイトを経由して面接に行く事です。

サイトにアクセスしてもらえばわかると思いますが、なんとQプリでお店を探して体入に行くと、体入時給の他に10,000円体験入店祝い金が貰えてしまいます。

時給3,000円で3時間体入しただけで19,000円の稼ぎになるなんて凄すぎませんか?


⇒Qプリにアクセスして体験入店祝い金のシステムを確認する


コロナ禍で体入できるお店が減っているのにこのシステムは本当に神だと思います。

ぜひ試してみて下さい!

-セクキャバ
-