出戻りするキャバ嬢が多い原因は何なのでしょうか?

「いつまでも夜の世界で働いている訳にはいかない!」と昼職に転職していくキャバ嬢は多いですが、出戻りしてしまう確率がとても高いです。

元キャバ嬢には昼職が続かないのでしょうか?

それともキャバ嬢でいた方がメリットが多いことに辞めた後気がつくのでしょうか?

実は未来の無い昼職

出戻りする理由の多くは「昼職の給料が少なくて不満」「狂った金銭感覚は戻らない」と言ったお金の問題なのですが、単純に考えすぎてはいけません。

給料が少ないよりも、効率が悪い、将来性が無いと言った理由の方が大きいです。

将来性とは?

「キャバ嬢として稼げるのは若いうちだけ」と言うのはみんな知っていますが(年齢を重ねてもスナックなどで働けますが、稼げる金額は著しく減る)、「大半の昼職も稼げるのは若いうちだけ」と言うのを知ってる人はほとんどいません。

「スキルが身について歳を取るとどんどん昇給していく」と勘違いしている人さえいます。

大学新卒で大企業の総合職に就いたのであれば年齢と共に昇給したりもしますが、資格や職歴の無いキャバ嬢が就ける主な昼職、アパレル販売員とかエステシャンとか美容部員とか派遣の事務とかですと、若いうちしか仕事がありません。

30歳くらいで雇い止めされてしまう事もたくさんあります。

仕事量が多く労働時間も長い、そして将来性も無いくせに給料も安い仕事をする理由があるのでしょうか?

これに気づいた人は躊躇なく出戻りしています。

キャバ嬢を辞めて昼職を始めれば世間体は得られますが、極度の田舎でも無ければ周りの視線を気にする必要はありません。

離婚

離婚して無職になった、シングルマザーになった女の子達たちの出戻りは単純にお金の問題です。

そもそも離婚の原因がお金である場合が多く、結婚してキャバ嬢を辞めて旦那の給料で暮らす様になったら貧乏過ぎて無理だったと言うパターンです。

「好きな人となら貧乏暮らしでも大丈夫」と最初はみんな考えるのですが、すぐに耐えられなくなってしまうのです。

つまらない昼職

仕事が大変で労働時間が長いくせに、やりがいが無いと言うか、つまらない仕事は多いです。

それに比べるとキャバ嬢など夜の仕事は毎日が刺激的で、大変な事も多いですが、それ以上に楽しいことも多かったりします。

チヤホヤされる

キャバクラの商品は女の子なので、ボーイからは大切に扱ってもらえます。

また、お客さんも女の子に好意を持って来ている訳ですから、チヤホヤしてくれます。
(チヤホヤの仕方がわからなくてキモくなってしまっているお客さんも多いですが・・・。)

キャバ嬢は誰かに認められたい、承認欲求を満たしたいという女の子には最適な職業です。

逆に昼職だと最初は一番末端の存在になるので、扱いは悪いですし、プレッシャーを掛けられたり嫌な思いをすることは多々あります。

キャバ嬢と言う仕事を楽しんで出来た人にはとてもつまらない環境でしょう。

容姿が活かせる

キャバ嬢は綺麗に着飾るのも仕事のひとつなのですが、昼職だとオシャレをする余裕が無くなってしまったり、派手にして目立ってしまうと、同僚からいじめられたり、先輩からきつく当たられたりしてしまいます。

可愛い女の子にとってオシャレできない環境はつまらないので、華やかな夜の世界に戻りたいと思うのは普通です。

また、キャバクラは実力主義で個人プレーが許されるのに対し、昼職はみんなの協力が必要なので、人間関係に疲れることはたくさんあります。

出戻り嬢の評判は?

出戻りをするのは「仕事が続きませんでした」「離婚しちゃいました」と言っている様なものなので、恥ずかしいと思うかもしれませんが、気にすることはありません。

どうしても気になるなら、以前働いていたお店とは別の所に行けば良いだけです。

1年くらいでどんどん勤務するお店を変えるキャバ嬢が多いので、誰でも出戻りとは気づきません。

また、最初に書きましたが、出戻りの女の子は多いので、自分が考えるよりもずっとずっと目立ちません。


体入で稼ごう!

キャバクラに体入するだけでめちゃくちゃ稼げる裏ワザを発見しました!

それはQプリという求人サイトを経由して面接に行く事です。

サイトにアクセスしてもらえばわかると思いますが、なんとQプリでお店を探して体入に行くと、体入時給の他に10,000円体験入店祝い金が貰えてしまいます。

時給3,000円で3時間体入しただけで19,000円の稼ぎになるなんて凄すぎませんか?


⇒Qプリにアクセスして体験入店祝い金のシステムを確認する


コロナ禍で体入できるお店が減っているのにこのシステムは本当に神だと思います。

ぜひ試してみて下さい!

-女の子